オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 中Ⅰ年2組 > 英語 > 英語

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
英語
英語
中Ⅰ年2組
週3時間
必修選択
安藤

到達目標


●Reading:GTECスコア120以上
物語やニュースなどの身近なことに関する比較的平易な文章を理解することができる。
●Listening:GTECスコア150以上
身近なことに関する話や指示を理解することができる。
●Writing:GTECスコア85以上
限定された話題について意見や感想など、まとまった文章を書くことができる。
●Speaking
身近なことや自分のことについて、簡単な会話をしたり、意見を述べたりすることができる。

授業の進め方・学習方法


・英語のコミュニケーション能力を育成するために、読む、聞く、話す、書くの4技能全てに 重きを置いた授業形態で進める。
 Treasure stage1のテキストを中心に会話活動・音読を行う。

・家庭学習(宿題)を通して、基礎の確認並びに幅広い応用力を身につける。
 検定教科書New Horizonと準拠文法問題集Joyful WrokbookをTreasureの進度に合わせて活用し、基本の定着を行うとともに、Treasure準拠の文法問題集を使って応用力を身につける。

・授業内で、必要に応じた各種小テストを行い、知識の定着を徹底する。
 Treasureの本文内容や単語(ユメタンjr)テストを定期的に行い知識の定着を図る。

・海外の人々と共生する力を育成するために、諸外国の文化なども学ぶ。
 テキストに出てくるトピックを利用して海外の文化を理解する。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
≪New Treasure≫
Lesson 1 be動詞の文1
Lesson 2 be動詞の文2
≪Active Phonics≫
1・2

1学期中間試験
1学期
≪New Treasure≫
Lesson 3 一般動詞の文1
Lesson 4 単数と複数
≪Active Phonics≫
3・4・5
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
≪New Treasure≫
Lesson 5 一般動詞の文2(3人称単数)/疑問詞1
Lesson 6 疑問詞2
≪Active Phonics≫
6・7
2学期中間試験
2学期
≪New Treasure≫
Lesson 7 命令文/canを用いた文
Lesson 8 現在進行形
≪Active Phonics≫
8・9・10
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
≪New Treasure≫
Lesson 9 一般動詞の過去形
Lesson 10 be動詞の過去形
≪Active Phonics≫
11・12
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
定期試験の結果を中心とする。
平常点として20%を設定し、提出物・小テストの結果などを総合的に評価する。
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
New Treasure English Series stage1
Z会出版
主に授業中に利用します。
New Treasure English Series stage1 CDs for students
Z会出版
主に家庭学習の音読の際のモデルとして使います。
New Treasure English Series stage1 文法問題集
Z会出版
主に家庭学習で利用します。
新ユメタンJr.
アルク
PLT時間に毎週小テストします
Active Phonics
正進社
主に授業中に利用します。
英語の発音・ルールブック
NHK出版
主に長期休業で使います。
基礎英語1
NHK出版
日々の家庭学習で利用します
NEW HORIZON English Course1
東京書籍
主に家庭学習で利用します。
Joyful Wrokbook 1
新学社
日々の家庭学習で利用します。

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
クラッシー内にある学習動画
ベネッセ
授業と連携し視聴動画を指示する
スタディサプリ
リクルート
各自で積極的に視聴すること

担当者からのアドバイス


英語学習はとにかくたくさん使ってみること・喋ってみることが大切です。
言葉なので自分の気持ちを伝える・人が書いたり話したことを理解する。これらのことができるようになることが英語学習の1つのゴールです。ネイティブの先生の授業でたくさん発言したい。旅行で不自由なく英語を使いたい。中3のオーストラリア研修で現地の人と自由に会話したい。実際に自分が英語を使っているイメージを持ってこれから学習に取り組んでいきましょう。