オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 高Ⅱ年2組 > 英語 > コミュニケーション英語Ⅱ

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
英語
コミュニケーション英語Ⅱ
高Ⅱ年2組
週3時間
必修選択
藤田

到達目標


GTEC
Reading: Grade5 200以上
Listening: Grade5 210以上
Writing: Grade4 120以上

授業の進め方・学習方法


【ELEMENTについて】
高1の時と同様、各定期試験において2レッスンずつを範囲とする。そのうち1つのレッスンは内容読解から活動にまでつなげて時間を使う。残りの1レッスンは内容読解レベルにとどめる。
各レッスンが読み終わったら、大学関連入試問題を週末課題として取り組ませ、授業で解説をする。

【Smart Readerについて】
ELEMENTでは行わない精読を練習する。授業で扱わなかった部分は家庭学習で扱う。感覚で英文を訳すのではなく、なぜその意味になるのか文法・構文を意識して訳す練習をする。定期試験毎に6課程度を範囲にする予定。

【CNN・夢リス】
週に1回授業で扱う。

【Speaking Test】
1学期はTEAPのSpeaking Testの形式で試験を行う。今年度中に各自でTEAPを外部受験することを視野に入れて練習を行う。2学期以降は教科書の内容に合わせた試験を行う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
<Lesson 1> Beyond Words
<Lesson 2> Stay Hungry, Stay Foolish
1学期中間試験
1学期
<Lesson 3> A Teenager To Change the World
<Lesson 4> Life in a Jar
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
<Lesson 5> Space Debris
<Lesson 6> Caddy for Life
2学期中間試験
2学期
<Lesson 7> iPS Cells 
<Lesson 8> Selective Breeding
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
<Lesson 9> The Vancouver Asahi
<Lesson 10> Euglena
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
各種確認テスト・火曜チャレンジ、各種提出物の提出状況等で評価をつける。
レポート
小テストなど
10
授業での取り組み状況
10

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
ELEMENT
啓林館
夢リス
アルク
Smart Reader アプローチ
いいずな書店
ゆめたん②
アルク

担当者からのアドバイス


①英語で読んだものを自分の言葉で相手に伝えることができるようになること。
②単語の意味をなんとなくつなげて和訳している人はその方法から卒業すること。
③長文に出てきた知らない単語、知らない表現を自分の言葉にすること。
④英語耳を作ること。
そんなことを意識して臨む授業です。