オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 高Ⅱ年8組 > 国語 > 現代文B

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
国語
現代文B
高Ⅱ年8組
週4時間
必修選択
鈴木・谷合

到達目標


1 現代思想の根底に触れる思考力の育成。
2 基本的な語彙能力を高め、定着させるとともに、活用できるように習得する。
3 文章に応じた読解の方法を身につけ、「いいかえる力」「比べる力」「たどる力」を鍛える。 
4 様々な文章を通し自分の見解をもち、意見の交流をすることによって、さらに見識を深める。

授業の進め方・学習方法


1 自ら文章に触れ、自ら考え、自ら表現する姿勢を培うため、授業を大切にし、課題や予習への取り組みを地道に意欲的に行うことが、一年間を通じて必要である。
2 文章読解・表現を教材を通して学習しながら、問題演習を通して力の定着を確認し、向上させていく。
3 座学一斉授業中心だが、生徒一人ひとりが生きていくうえで根幹となるソーシャルスキルを身に付ける。
4 漢字・語彙のテストを毎時間行います。
5 文章の主題と関連したテーマを設定し、プレゼンテーションを行う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
・「可能無限」茂木健一郎
・「山月記」中島敦

・漢字学習
・表現(作文)学習
1学期中間試験は実施しない
1学期
・「山月記」中島敦
・「中島敦の『虎』」川村湊

・漢字学習
・表現(作文)学習
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
・「こころ」夏目漱石
・表現(「こころ」感想文)

・漢字学習
・表現(意見文)学習
2学期中間試験は実施しない
2学期
・「漫罵」北村透谷
・近現代短歌
・表現(短歌鑑賞文および発表)

・漢字学習
・表現(意見文)学習
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
・近代文学史
表現:文豪について発表および討議・レポート
・「待つ」太宰治
・「『である』ことと『する』こと」丸山真男

・漢字学習
・表現(小論文)学習
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
60
定期試験の結果を中心に、授業への取り組みや宿題の提出状況、小テスト・課題テストの結果などを加味する。
レポート
0~40
小テストなど
0~40
授業での取り組み状況
0~40

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
精選現代文B
筑摩書房

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
意味から学ぶ常用漢字漢字検定5級~2級対応
第一学習社

担当者からのアドバイス


多くの文章を読み、様々な知識を得、思考することは、自分自身の見識を深め考えを豊かにし、人間性を高めることなのだとも言えます。
多様な読み方のできる作品をできる限り詳細に読み深め、自分の考えを構築して発表していきましょう。