オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 高Ⅱ年1組 > 国語 > 現代文B

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
国語
現代文B
高Ⅱ年1組
週3時間
小川

到達目標


・評価の定まった文学作品の表現を通して深く形象を読み取る力を養う。
・様々な学問分野の論説文に触れることでその論理を理解する力を養う。
・漢字や語彙など、読解の基礎となる知識を蓄える。
・問題演習を通じて様々なパターンの設問形式に習熟する。
・読書を通じて深い教養を養う。

授業の進め方・学習方法


・文章の論理構造を読み解くことを目的とした指導をおこなう。
・読み取ったことを正確に表現するための記述指導をおこなう。
・知識領域の定着をはかるための小テストを週に一度程度実施する。
・問題演習は家庭での課題としてまずはおこない解法について確認する。
・課題図書を選定しその内容理解を問う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
①小説「山月記」(中島敦)
②評論「情報の彫刻」(原研哉)
1学期中間試験
1学期
①小説「こころ」(夏目漱石)
②評論「つながりと秩序」(北田暁大)
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
①小説「舞姫」(森鷗外)
②評論「近代の成立――遠近法」(橋爪大三郎)
2学期中間試験
2学期
①評論「『である』ことと『する』こと」(丸山眞男)
②評論「無常ということ」(小林秀雄)
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
大学入試問題の過去問演習(近代評論を中心に)
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
平常点は、記述式による提出物や小テスト(漢字を中心に)を中心に算出します。
レポート
0-20
小テストなど
0-20
授業での取り組み状況
0-20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
教科書「精選現代文B」改訂版
筑摩書房
337

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
生きる漢字・語彙力
霜栄
駿台文庫

担当者からのアドバイス


小説や評論に限らず、とにかく文章をよく読み込み、内容を正しく理解することがまずは重要です。そして、それを自分の言葉で表現できることが望まれます。大学入試改革元年にあたる学年ですので、自身でよく考え、自身の考えを適確に他者に伝えることも同時に実践せねばなりません。そういった国語における基礎力を身につけることが大切だと思います。