オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 高Ⅰ年3組 > 英語 > コミュニケーション英語I

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
英語
コミュニケーション英語I
高Ⅰ年3組
週3時間
安西

到達目標


3月受験のGTEC Advancedにおいてスコア505以上を目指す。各技能においてはReading Grade 5 (スコア190)、Listening Grade 4(スコア200)、Writing Grade 4 (スコア115)を目標とする。本科目では主にReading/Listeningの強化を対象にするが、教科書内容をベースとして、習った表現や内容に関しての活動を通し、スピーキング能力の育成も心掛けていく。

授業の進め方・学習方法


① 予習プリント(キーセンテンス)を授業前に家庭学習で行う。
② 最初の授業で通読、全体的な理解を行う。→マクロの視点
③ 教科書に出てくる単語・表現を理解し、練習を通して活用できるようにする。(チャンクごとの理解に重点を置く)→ミクロの視点
④ 本文(キーセンテンス)の暗唱・暗写を通し、文の構造を意識させる。
⑤ 様々な音読活動を行い、本文の内容を理解し、本文の内容が英語で説明できるように練習する。
 (暗写テスト・リテリング活動)
⑥ テキスト及び関連内容に対して自分の考えを持ち、英語で表現する。
*ただし進度の都合上、レッスンによっては⑤⑥は割愛する場合もある。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
ELEMENT
Lesson 1 Rakugo in English
Lesson 2 Christian the Lion

夢をかなえるリスニング①(以下:夢リスと表記)
Unit 1-4
1学期中間試験
1学期
ELEMENT
Lesson 3 Prediction of the Future
Lesson 4 Twice Bombed, Twice Survived

夢リス
Unit 5-8
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
ELEMENT
Lesson 5 Umami
Lesson 6 The Story of PlayPumps

夢リス
Unit 9-12
2学期中間試験
2学期
ELEMENT
Lesson 7 Biomimetics
Lesson 8 The Power of Presentation

夢リス
Unit 13-16
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
ELEMENT
Lesson 9 Bopsy
Lesson 10 Playing the Enemy

夢リス
Unit 17-20
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
定期試験80%、その他(小テスト・スピーキングテスト・課題提出など)20%です。
レポート
小テストなど
20
授業での取り組み状況

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
ELEMENT English Communication Ⅰ
啓林館
ELEMENT Ⅰ 予習ノート
啓林館
ユメタン1
アルク
夢をかなえるリスニング1
アルク

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
Vision Quest 総合英語
野村恵造
啓林館

担当者からのアドバイス


高校生活の3年間で実践的な英語力を身につけるには、中学英語をベースとしてしっかり固めた上で、様々な英語に積極的に触れていくことが重要です。高校1年生からしっかりと英語を使って、しての発話を理解し、自分の考えを伝えていく姿勢を作っていきましょう。また出会った英文を通して物事を考えたり、自分たちが生活するこの世界について積極的に考えていきましょう。