オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 中Ⅱ年3組 > 英語 > 英語

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
英語
英語
中Ⅱ年3組
週5時間
小林・ゴッドウィン

到達目標


● 簡単な物語や、身近なことに関する文章を理解することができる。
 (例:興味関心のある話題に関する簡単な文章、短くて簡単な物語を理解できる)
● ゆっくり話されれば、身近なことに関する話や指示を理解することができる。
 (例:ゆっくり話されれば、興味関心のある話題に関する話を理解することができる)
● 身近なことについて簡単なやり取りをして、自分のことについて述べることができる。
 (例:趣味、クラブ活動、日常生活の行動、簡単な頼みごと)
● 自分のことについて簡単な文章を書くことができる。
 (例:自分の趣味、物事の好き嫌いとその理由、短い日記)

授業の進め方・学習方法


◎New Treasure
・Introduction
各レッスン冒頭のVocabularyを活用し、ポイントを確認する。
・Grammar
本文は主に音読・対話練習題材として扱う。
“Key Point”は文法事項の確認の目的で扱う。場合により英作文試験を実施する。
・Read
主に読解の題材として扱う。題材によりプレゼンやディスカッションを行う。
・Practice
“Pronunciation” は発音習得の題材として扱う。
“Critical Thinking”は論理的思考を養う目的で扱う。

◎New Treasure 文法問題集
・教科書の文法単元に合わせて活用。主に自宅学習用として扱う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
Stage1 Lesson 11 未来を表す表現 be going to/ 否定文・疑問文/ How...?/Why...?

Stage1 Lesson12 色々な助動詞 will / can / may /must

基礎英語2:4月号・5月号  

ユメタン0(水チャレ3回):Word No. 001 - 150 (1周目)
1学期中間試験
1学期
Stage1 Lesson 13 There is (are)~. / 否定文・疑問文 / 数や量の多少を表す表現

Stage1 Lesson 14 比較 原級を用いた比較の文 / 比較級を用いた比較の文
/ 最上級を用いた比較の文 / 疑問詞を用いた比較の文

基礎英語2:6月号  

ユメタン0(水チャレ3回):Word No. 151 - 300 (1周目)
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
Stage2 Lesson 1 助動詞表現 Shall I~? / Shall we~? / have to / 文の構造( SV / SVC / SVO )

Stage 2 Lesson 2 不定詞 名詞用法の不定詞 / 副詞用法の不定詞 / 形容詞用法の不定詞

基礎英語2:9月号・10月号  

ユメタン0(水チャレ4回):Word No. 301 - 500 (1周目)
2学期中間試験
2学期
Stage 2 Lesson 3 副詞節を導く接続詞 / 命令文+ and/or ~ / 接続詞when / 接続詞if ・理由譲歩を表す接続詞

Stage 2 Lesson 4 名詞節を導く接続詞 文の構造 / 接続詞that / 文の構造 SVOO/SVOC

基礎英語2:11月号  

ユメタン0(水チャレ6回):Word No. 501 - 800 (1周目)
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
Stage 2 Lesson 5 動名詞 主語・補語になる動名詞 / 目的語になる動名詞 / 不定詞と動名詞/慣用表現

Stage 2 Lesson 6 現在完了 完了・結果を表す現在完了 / 経験を表す現在完了 / 継続を表す現在完了

基礎英語2:1月号・2月号  

ユメタン0(水チャレ6回):Word No. 001 - 800 (3周目)
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80%
定期試験の結果を中心とする。
平常点として20%を設定し、提出物・小テストの結果・授業内の取り組みなどを総合的に評価する。
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
New Treasure Stage1
Z会出版
1学期までメインで使用
New Treasure Stage2
Z会出版
2学期からメインで使用
New Treasure1 文法問題集
Z会出版
1学期までメインで使用
New Treasure2 文法問題集
Z会出版
2学期からメインで使用
New Horizon English Course
東京書籍
通年で副教材として使用

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
ユメタン0
アルク
通年で毎週水曜朝にテスト
基礎英語2
NHK出版
通年で毎日の自習教材
新中学長文問題集
教育開発出版
通年で週末課題

担当者からのアドバイス


本来、英語だけでなくその他の科目も学ぶことは楽しいものです。英語ができるようになればそれが使えるようになります。皆さんにとっての言葉の道具が日本語以外にあるということは素晴らしいことです。とにかく楽しんで学びましょう。また、中学2年の1年間は英語だけでなく他科目にとっても今後の学習のための努力が問われる期間です。この中学2年生のときに基本的な学習をすることができていれば、その後の学園生活における学習ペースが掴めていると言って良いでしょう。基本的な学習とは定期試験では7割以上を得点し、上記の到達目標に近づいていくことです。