オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 中Ⅰ年6組 > 英語 > 英語SG

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
英語
英語SG
中Ⅰ年6組
週5時間
鹿内

到達目標


●Reading
物語やニュースなどの身近なことに関する比較的平易な文章を理解することができる。

●Writing
限定された話題について意見や感想など、まとまった文章を書くことができる。

●Listening
身近なことに関する話や指示を理解することができる。

●Speaking
身近なことや自分のことについて、簡単な会話をしたり、意見を述べたりすることができる。

授業の進め方・学習方法


◎New Treasure
・Introduction
各レッスン冒頭のVocabularyを活用し、ポイントを確認する。
・Grammar
本文は主に音読・対話練習題材として扱う。
“Key Point”は文法事項の確認の目的で扱う。場合により英作文試験を実施する。
・Read
主に読解の題材として扱う。題材によりプレゼンやディスカッションを行う。
・Practice
“Pronunciation” は発音習得の題材として扱う。
“Critical Thinking”は論理的思考を養う目的で扱う。

◎New Treasure 文法問題集
・教科書の文法単元に合わせて活用。主に自宅学習用として扱う。
◎Superior Book 1
・教科書の文法単元に合わせて活用。授業内の演習用として扱う。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期

≪New Treasure≫

Lesson 1 be動詞の文1

Lesson 2 be動詞の文2
1学期中間試験
1学期
Lesson 3 一般動詞の文1

Lesson 4 単数と複数
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
Lesson 5 一般動詞の文2(3人称単数)/疑問詞1

Lesson 6 疑問詞2

Lesson 7 命令文/canを用いた文

Lesson 8 現在進行形
2学期中間試験
2学期
Lesson 9 一般動詞の過去形

Lesson 10 be動詞の過去形

Lesson 11 未来を表す表現(be going to)
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
Lesson 12 いろいろな助動詞

Lesson 13 There is (are)~の文

Lesson 14 比較
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80

定期試験の結果を中心とする。
平常点として20%を設定し、提出物・小テストの結果・授業内の取り組みなどを総合的に評価する。
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
New Treasure English Series stage1
Z会出版
New Treasure English Series stage1 CDs for students
Z会出版
New Treasure English Series stage1 文法問題集
Z会出版
新ユメタンJr.
アルク
Superior Book 1
文理

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
NHKラジオ 基礎英語1
NHK出版

担当者からのアドバイス


オリンピックの開催や大学入試制度の変革など、コミュニケーションツールとしての英語の重要性は年を追うごとに高まるばかりです。「読む、書く、聞く、話す」4技能をバランスよく学習し、英語をツールとして使えるようになるための基盤を作りましょう。

英語を伸ばしたいと思う人はもちろん、中学で初めて本格的に英語を学習する人も、英語という言語に興味を持ち、楽しく学んでほしいと思います。