オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 高Ⅰ年5組(内進) > 数学 > 数学Ⅰ(内進)

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
数学
数学Ⅰ(内進)
高Ⅰ年5組(内進)
週4時間
安田

到達目標


基礎的な知識の習得と技能の習熟を図り、事象を数学的に考察し表現する能力を養うとともに、それらを活用する態度を身につける。論理的に思考することを楽しみながら、数学的思考力を身につけることを目標とする。

授業の進め方・学習方法


授業は反転授業を実施します。期日までに指定された動画をオンラインで試聴してくることが前提の授業です。オンラインの授業で得た基礎的な知識をもとに、教室では様々な問題に挑戦し思考力を鍛えていきます。毎回の授業の予習はもちろんですが、基礎的な計算練習などは副教材を利用して習慣化してください。動画での予習、授業での演習を通じ、高度な数学的思考力を磨きましょう。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
第1章 いろいろな式

 第1節 整式の乗法
  3次の乗法公式
  整式の除法、約数と倍数
  分数式の計算
  二項定理
  二項定理の応用

 第2節 式と証明
  恒等式
  等式の証明
  不等式の証明
  相加相乗平均
1学期中間試験
1学期
第1章 いろいろな式

 第2節 式と証明 
  平方の大小・不等式を含む不等式
  絶対値を含む不等式
  コーシーシュワルツの不等式

 第3節 高次方程式
  複素数
  2次方程式
  2次方程式の解と係数の関係
  剰余の定理と因数定理(組立除法)
  高次方程式
  3次方程式の解と係数の関係
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
第2章 図形と方程式

 第1節 点と直線
  直線上の点の座標
  平面上の点の座標
  直線の方程式
  2直線の平行・垂直

 第2節 円と直線
  円の方程式
  円の接線
2学期中間試験
2学期
第2章 図形と方程式

 第3節 軌跡と領域
  軌跡
  不等式の表す領域
  領域における最大・最小(線形計画法)
  論理への応用
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
第4章 指数関数と対数関数

 第1節 指数と指数関数
  0や負の整数の指数
  指数の拡張
  指数関数(グラフ)
  指数方程式・不等式

 第2節 対数と対数関数
  対数の定義
  対数法則
  対数関数(グラフ)
  対数方程式・不等式
  常用対数
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
60
定期試験の割合が80%、課題試験の結果・小テストの結果・宿題の提出状況の割合が20%、合わせて100%として評価する。
レポート
0~40
小テストなど
0~40
授業での取り組み状況
0~40

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
詳説 数学Ⅱ
啓林館

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
総合的研究数学Ⅱ+B
長岡亮介
旺文社
マスグレード数学Ⅱ+B
啓林館

参考サイト
サイト名
URL
EDuPA

担当者からのアドバイス


反転授業を行うので、「予習」は必須です。予習を前提に授業が行われるので、しっかりと予習動画を見てきましょう。授業動画に関するチェックテストは平常点の評価にもかかわるので、毎回満点を目指しましょう。何よりも、授業中の様々な課題に対して、アクティブに取り組みましょう。数学は、解法パターンを暗記する科目ではありません。しっかり考え、周りの生徒とのディスカッションをし、ChromebookなどのICTツールも使いながら、考えることを楽しみましょう。