オンラインシラバス

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
地歴・公民
日本史B
高Ⅱ年3組
週4時間
必修選択
正道寺

到達目標


1.原始・古代史から近現代史にいたるまでの流れをつかみ、特に政治史、外交史、社会経済史の重要知識の習得をはかる。
2.センター試験レベルの基礎学力の定着と、難関国公立、私大レベルの入試にも対応できる応用力・思考力の養成をめざす。

授業の進め方・学習方法


1.授業時に教科書の内容をまとめたプリント(穴埋め式)に重要用語を書き込みながら、基礎基本の理解に徹底的に取り組む。
2.資料集や史料集を使い、写真や史料など必要な知識を確認していく。
3.週末テストの実施(週に1度実施)。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
第Ⅰ部 
第1章 日本文化のあけぼの
 1 文化の始まり
 2 農耕社会の成立
 3 古墳とヤマト政権
第2章 律令国家の形成
 1 飛鳥の朝廷
 2 律令国家への道
1学期中間試験
1学期
第Ⅰ部 
第2章 律令国家の形成
 3 平城京の時代
 5 平安王朝の形成
第3章 貴族政治と国風文化
 1 摂関政治
 2 地方政治の展開と武士
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
第Ⅱ部
第4章 中世社会の成立
 1 院政と平氏の台頭
 2 鎌倉時代の成立
 3 武士の社会
 4 蒙古の襲来と幕府の衰退
2学期中間試験
2学期
第Ⅱ部
第5章 武家社会の成長
 1 室町時代の成立
 2 幕府の衰退と庶民の台頭
 3 戦国大名の登場
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
第Ⅲ部
第6章 幕藩体制の確立
 1 織豊政権
 2 幕藩体制の成立
 3 幕藩社会の構造




学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
学習への取り組みを重視します。特に週末テストの結果は平常点に大きく反映されますので、油断せずに頑張ってほしいと思います。
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
詳説日本史B
山川出版社
日B309

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
新詳述日本史史料集
実教出版
日本史用語集
山川出版社
詳説日本史B10分間テスト
山川出版社
新詳日本史
浜島書店

担当者からのアドバイス


日本史Bの通常授業では、予習はほとんど必要ありません。その代わり、復習として教科書の精読を行ってください。。復習は基礎知識の定着が実現できる唯一の手段であることを忘れずに、日々の復習を怠ることなくおこなってください。