オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 中Ⅲ年2組 > 社会 > 公民(経済分野)

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
社会
公民(経済分野)
中Ⅲ年2組
週2時間
木野雄介

到達目標


公民経済分野では、私たちの身の回りの基本的な経済の仕組みを学習することで、世の中の仕組みを学ぶとともに政治や経済政策の是非の自ら考えれる力を養うこと。また、アクティブラーニングを通じて、生徒の主体的な探求を養うこと。以上が授業の到達目標です。

授業の進め方・学習方法


講義形式とクエストエデュケーションを交互に行う。

講義形式
 ①授業時にプリントを配布し、穴埋めをしながら内容を解説していきます。
 ②資料集を使い、写真やグラフなどを講義内容の理解を深めます。
 ③テスト前は、プリントを有効に利用し、必ず総復習を行ってからテストに臨むましょう。

クエストエデュケーション
 ①クエストエデュケーションは、生徒の主体的な探求を促すプログラムです。
 ②「グループで力を合わせ、考え、行動し、自分だけのオリジナルの答えを見つけ出す」ことを意識しましょう。
 ③「失敗を恐れず、とにかく積極的に取り組む」ことを意識しましょう。
 ④「その場だけの成功を目指さず、より深く追求してみる」ことを意識しましょう。

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
講義形式
①市場経済の仕組み
・市場経済とは
・需要と供給

クエストエデュケーション
①オリエンテーション
②自分の仕事意識を知る
③インターン募集を見る
1学期中間試験
1学期
講義形式
②価格の働き
・市場経済における価格の働き
・独占価格
・公共料金

クエストエデュケーション
④企業にエントリーする
⑤新人研修に取り組む
⑥課題を報告する
⑦仕事を始める
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
講義形式
①私達の消費生活
②契約と消費生活

クエストエデュケーション
⑧「アンケート調査」に取り組む
⑨「調査レポート」を書く
⑩調査結果を報告する
⑪「合同研修」を受ける
⑫ミッションを受け取る
⑬企画会議を開く1
⑭企画会議を開く2
⑮企画案を考える
⑯企画案を完成する
2学期中間試験
2学期
講義形式
③消費者の権利を守るために

クエストエデュケーション
⑰中間報告をする
⑱企画を見直す
⑲「プレゼンテーション研修」を受ける
⑳プレゼンテーションの準備をする1
㉑プレゼンテーションの準備をする2
㉒プレゼンテーションを行う1
㉓プレゼンテーションを行う2
㉔すべての活動を振り返る
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
講義形式
①私たちの生活と財政
 (税理士による特別授業)
②政府の役割と財政の課題
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
80
・定期テスト(中間・期末)
・レポート、ディスカッション、プレゼンなどの取り組み。
・授業中に行う小テストの得点
なお、評定は公民(政治分野)と合算して、算出する。
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
新しい社会 公民
東京書籍
東書 公民929
最新図説 現社
浜島書店

参考書
書名
著者
出版社
コード
備考
クエストエデュケーション コーポレートアクセスコース
教育と探求社

参考サイト
サイト名
URL
エデュカネット(クエスト用インターネット教材)

担当者からのアドバイス


経済は、身の回りの事象が多く、日々、新聞やテレビなどのニュースで取り上げられる内容も多い。そのため、いかに日常生活のなかでアンテナを張っているかが大切である。
授業で学習した内容を、まさに「実社会」と結びつけて、さまざまなことに興味をもってほしいと考えている。関心を高めてほしい。