オンラインシラバス

2019年度シラバストップ > 中Ⅰ年5組 > 社会 > 地理

教科
科目
学年・組
授業時間
担当者
社会
地理
中Ⅰ年5組
週3時間
松澤充隆

到達目標


【地理的分野】 
世界地理分野の自然環境・気候・産業構造・文化的特色について、中学の基礎的内容から高校地理レベルの学習内容までの習得を目標とするとともに、現代世界の諸問題に関する考察能力を身につけます。

[中期] 地理的技能、地理的な見方や考え方の獲得、中学校の基礎レベルからセンター試験レベルの問題で得点できる実力を養います。
[長期] 特に現代世界の諸問題に関して、資料から論述問題に対応できる思考力を身につけます。

授業の進め方・学習方法


1.学習内容に関する一斉教授・講義
2.地理的事象及び現代世界の諸問題に関してのアクティブラーニング
3.ICT機器を利用した諸地域の地形の学習
4.医サイコースの特性を活かし、地理と理科的または数学的内容を融合させた授業を学期に1回程度行う。
4.確認テスト

授業スケジュール


学期
学習内容
1学期
地理の基本的知識
①地球の概要
・六大陸と三大洋 ・緯度と気候の変化 ・経度と時差

アジア地誌
①東南アジア 自然環境・社会・農業・工業化・ASEAN

②東アジア 自然環境・農業・人口と民族・工業 

③南アジア 自然環境・社会・農業・工業・宗教
1学期中間試験
1学期
④西アジア 自然環境・農業・資源・工業・宗教

アフリカ地誌 
 自然環境・社会・食料問題・人口問題・格差・農業・資源
1学期末試験


学期
学習内容
2学期
ヨーロッパ地誌
①ヨーロッパの概観
 自然環境・農業・工業・宗教・民族問題・EU

②ロシア・シベリア地域の概観
 自然環境・農業・工業・資源 
2学期中間試験
2学期
北アメリカ地誌(アメリカ合衆国)
 自然環境・農業・工業・社会

ラテンアメリカ地誌
 自然環境・農業・資源・経済
2学期末試験


学期
学習内容
3学期
オセアニア地誌
 オーストラリアの概観 自然環境・社会・農業・資源・工業
学年末試験

成績評価方法


種別
割合(%)
評価基準など
定期試験
60
・定期試験(60%):中間・期末テスト(1・2学期)、学年末テスト(3学期)
・平常点 (40%):課題レポート・小テスト・ノート提出・※授業姿勢など
レポート
0~20
小テストなど
0~20
授業での取り組み状況
0~20

教科書・教材/参考書/参考サイト


教科書・教材
書名
出版社
教科書番号/code
備考
中学生の地理
帝国書院
地理ー727
教科書
中学校社会科地図
帝国書院
地図ー724
地図帳
ニュース検定公式テキスト&問題集 基礎編3.4級
毎日新聞出版

担当者からのアドバイス


・「聞く」・「書く」・「考える」などメリハリをしっかりつけましょう。
・受け身ではなく積極的に授業に参加しましょう。
・提出物はきちんと出しましょう。
・単なる暗記ではなく地理的思考力を身につけるために真剣に考えると楽しくなります。 
・予習は必要ありませんが、50分でよくわからなかったことや気になることはどんどん自ら学習を深めよう。
・地理は理科的な要素を多くふくんでいます。理科的な視点で地理を考えることも大切です。